2019年12月26日木曜日

けったいな旦那はん

バンコク小田舎生活 172・173・174




/旦那はん…
スイーツの注文だけは全体バランスを考えてくれるけど、レストランとかだとパパパ〜っと先に注文しちゃう事がままある(怒

例えば、私には飲みたいスープがあったのに、別のスープを先にオーダーされちゃうと、2人でスープ2種類なんて多い訳で、私が飲みたかったやつ諦めるしか無いやーーん、という話です。

そしてそして、旦那はそれを軽い気持ちで注文してて、私が食べたかったやつでも別に良かった、とも言ったりするんです。

なら注文前に相談しようやーーー!!てお話です。

そしてもちろん、サラダやメインの肉料理にも同じような事をされる事があります。

2人だと食べれる量がそこそこ限られるから、似たようなの2つも頼むほど余裕ないのにね。

こだわり無いのが旦那の長所でもありますが、場合によってはもちろん短所にもなるわけで〜〜

聞いとるか?旦那は〜ん

これがスイーツに関してだけは注文バランス感覚が働くようで 笑

私もできれば色々な味を食べたい派やので、そこはピッタリと一致できて、まぁええんやけど

注文バランス感覚ちゃんと持ってるなら、ぜひとも他でも発動していただきたいものです。

(子連れやとブチ切れ案件じゃないですかぃ…)


/珍しく、旦那への文句っぽい事を言ってみました。

言ってみたものの、レストラン風な所で2人だけで食事する事が滅多になくて回数はたかが知れてます。

あれですよ、食べ物のうらみはナンとやら、というやつです。
お口直しにスイーツの写真を載せておきますね  (*´ェ`*)


↓ 旦那とシェアしたスイーツたち ↓
↑ 言わずと知れたパンケーキ♪ ↑



↑ かき氷のように見えるけど ↑
実はこれアイスですふわっふわのアイス♪
右のベージュ色はピーナッツ味で、めちゃうま〜


↑ いっときピンスをよく食べていました ↑
ビジュアル的にそそられる〜
私はきなこがお気に入り♪


↑ またパンケーキ ↑
こういうの食べた日、晩ごはん要らなくなるぐらい
そろって中年になっています。でも食べる。


/バンコクってけっこうスイーツ屋さん多いんですよね。
それもボリュームも甘さもガッツリなやつ。

私達のクリスマス〜年末年始は相変わらずまったくの普段通りやので、ちょうど久し振りに、せめてこういうスイーツでも食べようかな。


/あづき雨でした。
いつも読んでくださり、有り難うございます♪



2019年12月5日木曜日

市場で見かけたかわいい2人

バンコク小田舎生活 171



もぉぉお〜これはたまりませんでした!!

行き交う人々に混じり、ほんの数秒間だけの声なきやりとりを偶然にもきっちり見かけてしまった。

ほんとにね、最初おばちゃんの顔はちょっと怖かったんですよ。
それが、男の子のしぐさでほんわり笑った時の笑顔のやわらかさときたら…!(画力が足りなくてすみません)

見知らぬ子供への素朴な優しさがあふれてる〜

子供を連れてバンコクに来ると、タイ人さん達の子供への優しさをめっちゃ目の当たりにできるようです。

うちは大人だけやので普段そういうのに出会わなくて。
たまに、お子さん連れの友人と一緒に出歩くと、接してる世界がいつもとちょっと違う気がするほどに

こういうのが見れるからな訳ではないですが、私はタイの市場が大好きです。

ウロウロするだけでとっても気分がなごむから、住まいから徒歩で行ける所に屋台の集合体が欲しいタチです。

実際の食生活からメンタル面まで、完全にタイ屋台に依存してるな〜と、いま気づきました、いま。



↑ こいう屋台が並ぶ市場 ↑
なんにも無い空き地や駐車場が
毎日の夕方に市場になるとか、よくあります。

ぞろぞろ〜と屋台が集まり数時間の出店に向けて
台から組むゼロからのセッティング
ぜんぶセットして、またぜんぶ片付けてを毎日!
なかなかの手間やと思うのに、この形式よく見ます。

実はタイ人て働き者なんじゃ…て思っちゃう。

もう屋台と市場がないと生きていけない自信がある。

わざわざ売りに来てくれて
おいしいおかずやお菓子を売ってくれて
タイ屋台の皆さん有り難うございます!😆


/あづき 雨でした。
いつも読んでくださり、有り難うございます♪



人気の投稿